ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車買取業者の査

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車買取業者の査

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、言われて初めて気づくような薄いキズ等は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。 Continue reading

当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、凹みや

当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、凹みや

当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。でも、素人が傷を治そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つような場合があるので注意が必要です。 Continue reading

タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、わざわざ

タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、わざわざ

タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、売却後に業者のほうで別のタイヤに交換してから売るのがほとんどだからです。 Continue reading

雨が降っている日や曇っている日の夕方などは

雨が降っている日や曇っている日の夕方などは

雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、ボディのキズが見えにくいので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、いつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

また、よく手入れされた車両というのは晴天ではさらに美しく見えます。 Continue reading

車の査定時、具体的になにを見るかですがメーカーがどこか、車種

車の査定時、具体的になにを見るかですがメーカーがどこか、車種

車の査定時、具体的になにを見るかですがメーカーがどこか、車種は何か、ということだけではなくて、車検証の情報から年式、グレード、カラー、などを確認するのは当然必要なこととなっております。また、機器などの動作チェックや外装も目視チェックも寸刻みに行われますし、少々複雑なエンジンルームの点検も行うことになっていますし、そうした作業も含めると、車の査定には15分から30分くらいは必要だと考えておいた方が良いでしょう。 Continue reading