以前、知人の中古販売業者の人に、10年以上

以前、知人の中古販売業者の人に、10年以上

以前、知人の中古販売業者の人に、10年以上乗ってきた車を査定しにいきました。



私的には、廃車寸前だと言うことで、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。

のちに、その車は修理したのち代車などのように生まれ変わるそうです。

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種や色、車の状態にもよりますが、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。また、新車の購入代金から買取額を値引くという方法で、価格を提示されることが大半のようです。



そのため、価格の交渉が困難になることは必至で、愛車の価値がはっきりしません。
そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りよりお得になる可能性が高いというわけです。年式が新しいものほど査定額は高くなってきますし、グレードも高級なものほど査定額も高くなるでしょう。

査定時には車種の色もチェックされる重要なポイントで、シンプルな白や黒、シルバー等が人気です。
自動車の購入時には、やがて売ることを考えて人気がありそうだなと思う色の車を買うというのも良いのかもしれません。中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、査定を受けても多くの車に値段がつかないでしょう。


とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、車検が十分に残っているといったなにかしらの値打ちがある車両であれば価値が上がる可能性が高いです。

一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのが賢明だと言えます。査定業者へ中古車を売った時には、自賠責保険からの返戻金をもらえます。


自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上、余っていれば、還付の対象となります。
車の永久抹消登録をする場合など、加入してある自賠責保険会社より返金してもらえます。もったいないのですから、車を手放す場合には、忘れずに還付金をもらうようにしてください。
車の査定を行うアプリというものを聞いたことがありますか?車査定アプリと呼ばれるものは、スマートフォンで容易に愛車の査定額がいくらか知ることができるアプリのことを表します。

車査定アプリを利用すれば、個人情報が向こうに知れ渡ることはありませんし、時間と場所に関係なく自分で車を査定することができるということで、たくさんの方が利用しています。



自分が乗っている車を査定に出すと、どんな値段がつくか大まかなところを知りたい時に使えるのが、パソコンやスマホでアクセスできる、車査定サイトです。
ですが、たいていの場合電話番号や住所といった、コアな個人情報の書き込みが査定額を出す必要条件となっております。しかし、どうしても入力したくないなら、数えるほどしか存在しませんが、個人情報の入力をしなくても査定金額が判明するサイトもあるので、そういったタイプのサイトを利用してみましょう。
プロの腕前の査定士には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、低く査定されるのを恐れて「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、いい加減なことを言ったことで信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。


その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起こっても仕方ありませんから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。事故を起こした車の場合、高い修理代を払っても、事故を起こす前と同等のレベルには戻せないこともよくあります。

事故の時に車が受ける衝撃によって、フレームに歪みが発生してしまうと、キレイに直せないこともありえます。事故車両に修理代を使っても、事故車を専門的に買い取っている業者に売ってしまって、新車を買う方が安全という意味ではいいかもしれません。自分で実際に店舗に足を運ばなくても、ウェブで車の見積もりを行えるホームページはたくさん存在しています。


もっと具体的な査定額に関して言えば査定担当者が実際に中古車を見てみないと一口では計算できないでしょうが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。


それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を実際に車を売る店から除外することが可能です。