Monthly Archives: 6月 2018

自賠責保険の契約を解消すると残存期間に

マイナス査定の要因になり得るものとして、標準年

マイナス査定の要因になり得るものとして、標準年間走行距離が1万キロを超えている、車色が好まれない、外観のキズ、汚れがある、車のパーツに破損が見られる、車中でのタバコ等があります。
また、車体の修理をされているということも下取り額に差が出る原因となります。 Continue reading

車の査定時、具体的になにを見るかですがメーカーがどこか、車種

何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時

何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。



売却が普通自動車だったら車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を用意しなくてはなりません。 Continue reading

車種によって人気色は違います。例えばトラックは

車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に

車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。年更新でも分かる通り自動車保険は資産性はない商品で、掛け捨てで、続けても契約者にお金が戻ってくることはありませんから、好条件を提示している他社があるのなら乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。 Continue reading

車を売ろうとする時に、すぐに、換金したいと

愛車を買い取ってもらう際、走らなくなった車でも値段が付く

愛車を買い取ってもらう際、走らなくなった車でも値段が付くことがあるのかは大いに気になる点ですよね。たとえ不動車であっても、外車と違って日本車は優良なパーツ取りの需要もあり、その分の需要が見込まれる場合が多いので、高額とはいかなくても、買取してもらえることはあります。 Continue reading

車の買取には印鑑証明が必要になります。取引に必要な実印を登録して

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠し

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しになってマイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。



それに晴れだってメリットがないわけではありません。 Continue reading